住宅確保給付金、申請件数3カ月連続で増加

厚生労働省

ニュース|2021年05月26日

  • twitter

 コロナ下で収入が減り、家賃の支払いがままならない世帯に対し、国が一定額の家賃を支給する住居確保給付金の申請件数が、2021年1月から3カ月連続で増加している。厚生労働省によると、5月6日集計分の3月の申請件数は、8456件だった。また、3月の支給件数は6783件と2カ月連続で増加している。

3月の申請は8456件に

 申請件数の増加は、1月に発令された2回目の緊急事態宣言で、飲食店などが休業に追い込まれ、出勤できず収入が減少した世帯が増えたことが理由だと考えられる。厚労省の担当者は「まん延防止措置や、5月に発令された3回目の緊急事態宣言が、4月以降の申請件数に何らかの影響を及ぼすだろう」と推測する。

 20年4月から21年3月までの累計は、申請件数が15万2923件、支給件数が13万4976件に上った。また、6月末まで延長している住居確保給付金の再支給申請期間については、5月6日時点では、変更する予定はないという。

(5月24日2面に掲載)

おすすめ記事▶『厚生労働省、住居確保給付金 10万件支給』

検索

アクセスランキング

  1. サブリース賃料未納問題浮上

    BLAZE(ブレイズ),ReVie(レヴィー),エレマックス,弁護士法人山村法律事務所

  2. 空室に覚せい剤置き配

    東京税関,公益財団法人日本賃貸住宅管理協会

  3. 不動産市場、崩壊の見込み薄【2023年 不動産市場予測】

    一般財団法人日本不動産研究所

  4. 多拠点居住サービス活況

    アドレス,グッドルーム,三井不動産レジデンシャル,GrowHack(グロウハック),絆家,LIFULL(ライフル)

  5. 東京・六本木の仲介会社で爆発

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ