住宅確保給付金、申請件数3カ月連続で増加

厚生労働省

ニュース|2021年05月26日

  • twitter

 コロナ下で収入が減り、家賃の支払いがままならない世帯に対し、国が一定額の家賃を支給する住居確保給付金の申請件数が、2021年1月から3カ月連続で増加している。厚生労働省によると、5月6日集計分の3月の申請件数は、8456件だった。また、3月の支給件数は6783件と2カ月連続で増加している。

3月の申請は8456件に

 申請件数の増加は、1月に発令された2回目の緊急事態宣言で、飲食店などが休業に追い込まれ、出勤できず収入が減少した世帯が増えたことが理由だと考えられる。厚労省の担当者は「まん延防止措置や、5月に発令された3回目の緊急事態宣言が、4月以降の申請件数に何らかの影響を及ぼすだろう」と推測する。

 20年4月から21年3月までの累計は、申請件数が15万2923件、支給件数が13万4976件に上った。また、6月末まで延長している住居確保給付金の再支給申請期間については、5月6日時点では、変更する予定はないという。

(5月24日2面に掲載)

おすすめ記事▶『厚生労働省、住居確保給付金 10万件支給』

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 2021年管理戸数ランキング①1~50位

    2021年管理戸数ランキング

  2. ケネディクス、日本初の不動産STO公募

    ケネディクス, 三菱UFJ信託銀行, SBI証券, 野村証券, TMI(ティーエムアイ)総合法律事務所

  3. ビレッジハウス・マネジメント、新規の直接契約9割がオンライン

    ビレッジハウス・マネジメント

  4. 住宅市場での賃貸需要の高まりと所得格差の2極化

    【連載】アメリカ不動産事情 第86回 2022年に向けての不動産市場

  5. オータス、不動産クラウドファンディングのプラットホーム提供開始

    オータス

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ