インバウンドがなくなった民泊事業。新需要あるが利益拡大は見込めない【賃貸トレンド連動記事】

matsuri technologies(マツリテクノロジーズ)

企業|2021年06月05日

  • twitter

matsuri technologies 東京都新宿区 吉田圭汰代表

 当社が2021年1月より配信しているオンライン番組『賃貸トレンドニュース』。3月23日に開催した番組で、matsuri technologies(マツリテクノロジーズ:東京都新宿区)の吉田圭汰代表が登壇した。コロナ禍による宿泊事業への影響と、長期滞在型へのシフト戦略について話を聞いた。

【『賃貸トレンド』でこの記事の全文を読む】

新需要で補填も利益拡大は見込めず

―民泊事業における、コロナ下での影響は?

 2020年3月ごろからインバウンドが取れない状況が継続している。民泊はホテル同様インバウンド需要が高く、当社も7割は海外のお客さま。マンスリーマンション、短期賃貸の運用に切り替えることで稼働を保っている。新規事業も行った。具体的には、20年3月の検疫開始時、隔離期間に合わせて2週間タイプの部屋を貸し出した。5~6月の時期は、PCR検査を受けるのにも時間がかかるため、風邪をひいたお客さまを隔離された施設でお預かりする。他には、同棲カップルを対象に初期費用無料を実施する「おためし同棲」というサービスをベースに物件を稼働させている。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 自己破産した則武物件の所有者責任はどこ?新たに6棟の不備発覚 危ない建築のポイントを専門家が解説

    則武地所, さくら事務所

  2. 『かぼちゃの馬車』事件の被害者団体結成

  3. 賃貸関連大手6社の前期決算まとめ

    レオパレス21, スターツコーポレーション, 大東建託, 大和ハウス工業, 積水ハウス, 旭化成ホームズ

  4. 利用広がる賃貸管理システム①

    日本情報クリエイト, クザワ富山, ビジュアルリサーチ, ダンゴネット, 3Films(スリーフィルムス), アセットコミュニケーションズ

  5. ジェクトワン、空き家所有者への調査や啓発活動推進

    ジェクトワン

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ