関東の上位企業は多角化図る

シノケンプロデュース, 金太郎ホーム, MDI, 三光ソフラン, クラスト, 植木組, エルディ, 廣瀨, 秀光ビルド

企業|2021年06月28日

  • twitter

関東エリア、シノケンが大差でトップ

 関東エリアでは21社から有効回答を得た。戸数をベースに用途の内訳をみると、地主などを中心とする土地活用が約76.7%、投資家などを中心とする自社開発が約23.3%と土地活用の割合が8割に迫った。1棟当たりの平均単価は集合タイプで約1億9525万円、戸建てタイプの平均単価は約2356万円だった。建物の構造の比率は、RC造約43.5%、木造約31%、軽量鉄骨約7.6%、重量鉄骨6.4%。戸建ての割合は約0.04%で、他のエリアと比べて、少ない数字となっている。

次は▶『生和コーポレーション、完工数5000戸超え』

シノケンプロデュース、REIT向け販売強化

 1位を獲得したのは、385棟3026戸のシノケンプロデュース(東京都港区)。会社員層を中心に、アパート経営の提案を推進している。同社のビジネスモデルは土地を仕入れて、アパート建築と合わせてサラリーマン投資家に販売するランドセットの手法だ。加えて、私募REIT(リート:不動産投資信託)であるシノケンリート投資法人に対して一棟販売している。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索
管理戸数/仲介件数/人気設備/建築 賃貸市場ランキング

アクセスランキング

  1. 火災保険利用の修繕、不正申請で逮捕者

    国民生活センター,保険ヴィレッジ,日本住宅保全協会

  2. 【事故物件】宅建業者の調査義務範囲明確化

    Martial Arts

  3. 既存住宅の付加価値を高める住宅設備特集

    Ai.Connect(アイコネクト), アクセルラボ, LiveSmart(リブスマート), ギガプライズ, 旭化成ホームズ, 森田アルミ工業, 新鋭

  4. エイムズ、築39年の物件で施工中に成約獲得

    エイムズ

  5. 3.11から11年、帰還困難区域で初の賃貸住宅稼働へ

    双葉町, 双葉不動産

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ