リクルート、単身者がほしい設備ランキング

リクルート

ニュース|2021年07月27日

  • twitter

 リクルート(東京都千代田区)が運営する不動産情報サイト「SUUMO(スーモ)」は、「一人暮らしのシングルに聞いた住まいの設備ランキング2021」を6月23日に発表した。

「バス・トイレ別」が男女ともに1位

 対象は関東在住の20~30代の社会人で1人暮らしをしている男女。調査は2月22~24日にインターネットを使って行った。全ての設問に対し複数回答式で、有効回収数は416。

 まず同ランキングの結果から、「付いていて当たり前・付いていない家は借りないと思う設備・仕様」の男女別を見ていく。

 男女ともに、1位は「バス・トイレ別」、2位は「エアコン」、3位は「クローゼット」だった。また上位6位までは、順位の違いはあるが、内容は男女で同じとなった。

 7位以降になると、女性が設備や仕様に求める数値が高い傾向にあった。2017年の前回の調査でも同様の結果だった。

 内容の違いを男女で見ると、女性は「2階以上」「テレビモニター付きインターホン」「オートロック」などセキュリティーに対する要望や「コンロ2口以上」など料理に関する設備への要望も高かった。

 現在の住まいに備わっている設備で便利だと思うものの全体の結果では、1位「エアコン」、2位「バス・トイレ別」、3位「テレビモニター付きインターホン」で、この3種は前回の調査から変わらずのトップ3となった。

 前回7位から今回4位と大きく順位を上げたのは「独立洗面台」。手を洗う回数が増えたことによる影響のようだ。

 また「付いていて当たり前の設備」において男性が9位、女性では7位だった「テレビモニター付きインターホン」は今の住居に付いていて便利なものの全体で3位となり、実際に生活してみると便利さが実感できる設備のようだ。

 「付いていなくて後悔したと思う設備・仕様」の1位「宅配ボックス」、4位「コンロ2口以上」は、コロナ下でのインターネット通販の利用の増加や自炊する人が増えたことからの順位と同社では考察している。

 「次に引っ越しをするときに絶対にほしいと思う設備・仕様」では、1位「バス・トイレ別」が6割近く、2位「エアコン」は半数近くがほしいと答えた。

(7月26日41面に掲載)

おすすめ記事▶『リクルート、移住・二拠点居住地ランキング』

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 2021年管理戸数ランキング①1~50位

    2021年管理戸数ランキング

  2. ケネディクス、日本初の不動産STO公募

    ケネディクス, 三菱UFJ信託銀行, SBI証券, 野村証券, TMI(ティーエムアイ)総合法律事務所

  3. ビレッジハウス・マネジメント、新規の直接契約9割がオンライン

    ビレッジハウス・マネジメント

  4. 住宅市場での賃貸需要の高まりと所得格差の2極化

    【連載】アメリカ不動産事情 第86回 2022年に向けての不動産市場

  5. オータス、不動産クラウドファンディングのプラットホーム提供開始

    オータス

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ