収益実績につながるオーナー通信特集! 前編

イズミ, VivitBase(ビビットベース), ホームリーダー

その他|2021年09月14日

  • twitter

イズミ通信。表紙は季節感を意識して選んでいる

 賃貸管理会社にとって、オーナーと良好な関係を維持することは欠かせない。その関係維持のためのツールの一つにオーナー通信がある。オーナー通信に何を掲載し、その結果どんな成果が得られたのか。自社でオーナー通信を作成する不動産会社6社に取材し、実情を聞いた。

メリット記載で無料インターネット20件導入

イズミ、全部署が制作に参加

設備導入提案に効果大

 オーナー通信はオーナーとのコミュニケーションツールとしての機能が前提としてある。だが、自社制作で、社員の日々の取り組みや、設備の導入メリットなどを記載することが、実際の提案につながるなど、重要な営業手法といえる。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

『収益実績につながるオーナー通信特集! 後編』

おすすめ記事▶『変わる!賃貸住宅のインターネットニーズ~前編~』

検索

アクセスランキング

  1. 最高裁判決、公社の家賃改定に一石

    最高裁判所,神奈川県住宅供給公社

  2. 大和ハウス賃貸リフォーム、買取再販本格化 年商400億円へ【新社長インタビュー】

    大和ハウス賃貸リフォーム

  3. JR西日本、団地の入居促進 交通利便性高める

    JR西日本

  4. 船井総合研究所、賃貸管理の勉強会を実施

    船井総合研究所

  5. LPガス法改正、方針示す

    経済産業省

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ