企業研究vol.124 香陵住販 薄井 宗明 社長【トップインタビュー】

香陵住販

企業研究|2021年09月17日

  • twitter

香陵住販  茨城県水戸市 薄井 宗明 社長(70)

 香陵住販(茨城県水戸市)は茨城県を中心に賃貸住宅の開発や管理、賃貸仲介で事業を伸ばし、管理戸数は2万戸目前だ。ストック型の賃貸住宅ビジネスが、安定した会社の成長を可能にすると考え、管理戸数年1000戸増を目指す。薄井宗明社長は「リモートワークが進む中で、首都圏に比べ賃料が低く、都心にも近い茨城県には将来性がある」と前を向く。

茨城県内の開発に強み、管理2万戸目前

M&Aで3149戸増 コロナ下でも増収を計画

―管理戸数2万戸が見えてきましたね。

 賃貸住宅の管理戸数は3月末時点で1万8512戸と、この2年で5000戸以上増えました。2019年に地場管理会社であるKASUMIC(カスミック)のM&Aにより3149戸加わったことも大きな要因です。前期の売り上げは75億3500万円でしたが、今期は75億9800万円と増収の予想です。当社では、不動産の開発や建築、売買を中心とした「不動産流通事業」と、管理やリフォームも含めた「不動産管理事業」に分けています。不動産流通事業は前期が52億6500万円と全体の売り上げの約7割を占めています。今期予想は前期比マイナス0.8%とほぼ横ばいです。一方、不動産管理事業の今期売り上げは23億7500万円とプラス4.6%の見込みです。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索

アクセスランキング

  1. 「この設備があれば周辺相場より家賃が高くても入居が決まる」2021人気設備ランキング ~ランキング表編~

  2. 人気設備ランキング2021 コロナ下急増編

    信濃土地, 大一不動産, トヨオカ地建, リネクト, アールウィンド, YKK AP, 杉住宅, 静岡セキスイハイム不動産

  3. 「この設備がないと入居が決まらない」人気設備ランキング2021 ~ランキング表編~

  4. 東証マザーズ上場のタスキ、柏村新社長インタビュー

    タスキ

  5. 【不動産の働き方改革】「専任の宅建士」テレワーク広がる

    Con Spirito(コンスピリート), ジェイエーアメニティーハウス, ミライアス

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ