東京都住宅供給公社、団地内で自動運転サービス試験運用

東京都住宅供給公社, 日本モビリティ, ヤマト運輸, 神奈川中央交通

ニュース|2021年09月27日

  • twitter

実験で導入する車両のイメージ

 東京都住宅供給公社(以下、JKK東京:東京都渋谷区)は8日、高齢化が進む団地の将来の移動サービスの検証を目的として群馬大学と共同研究契約を結んだと発表した。10月後半から「町田木曽住宅」地域で、自動運転車両を活用した実証実験を行う。

高齢入居者の移動支援

 入居者の高齢化に対応し、自動運転車両で団地の入居者の移動を支援する。団地内に乗降スポットを20カ所ほど設置し、電話や案内所の対面受け付けで予約して、希望先のスポットまで自動運転車両で送る。自動運転車両にはミニバンタイプの車を2台導入し、センサーやGPSを搭載。最大4人の乗客を運ぶ。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『住宅供給公社の空きスペース活用の取り組み』

検索

アクセスランキング

  1. 2021年管理戸数ランキング①1~50位

    2021年管理戸数ランキング

  2. コロナ下でも盛況!賃貸住宅フェア2021in東京 イベントレポート~前編~

    スマサポ, 絆ジャパン, 双日, 日本エイジェント

  3. 投資に不動産デジタル証券化の新手法が登場

    ケネディクス, 三井物産デジタル・アセットマネジメント, 三菱UFJ信託銀行

  4. コロナ禍の影響は?エリアルポ~特別関西編・前編~

    セプト,レンタックス,長栄

  5. コロナ禍の影響は?エリアルポ~特別関西編・後編~

    ハウスセゾンエンタープライズ,トップハウス,ライブデザインマネジメント

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ