東京都住宅供給公社、団地内で自動運転サービス試験運用

東京都住宅供給公社, 日本モビリティ, ヤマト運輸, 神奈川中央交通

その他|2021年09月27日

  • twitter

実験で導入する車両のイメージ

 東京都住宅供給公社(以下、JKK東京:東京都渋谷区)は8日、高齢化が進む団地の将来の移動サービスの検証を目的として群馬大学と共同研究契約を結んだと発表した。10月後半から「町田木曽住宅」地域で、自動運転車両を活用した実証実験を行う。

高齢入居者の移動支援

 入居者の高齢化に対応し、自動運転車両で団地の入居者の移動を支援する。団地内に乗降スポットを20カ所ほど設置し、電話や案内所の対面受け付けで予約して、希望先のスポットまで自動運転車両で送る。自動運転車両にはミニバンタイプの車を2台導入し、センサーやGPSを搭載。最大4人の乗客を運ぶ。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『住宅供給公社の空きスペース活用の取り組み』

検索

アクセスランキング

  1. JCOM、月額制の防犯カメラで攻勢【注目企業に迫る】

    JCOM(ジェイコム)

  2. 繁忙期、成約件数は堅調

    山一地所,旭ハウジング

  3. 法人・一般好調も、学生は苦戦【2024年繁忙期総括】

    住まいの戸田,クラッシー・ホームズ,ホワイトホームズ,つばめ不動産,グッドフェイス,高山不動産,アルカディア管財,三好不動産,早川不動産,武蔵小杉駅前不動産

  4. アルデプロ、上場廃止

    アルデプロ

  5. 日本情報クリエイト、100億件のビッグデータ活用

    日本情報クリエイト

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ