広がるエコ賃貸~後編~

積水化学工業, パナソニックホームズ, 横浜市

企業|2021年10月28日

  • twitter

積水化学工業が販売するZEH賃貸「レトアAZ」 の外観

 2018年に補助金制度が始まって以来、ZEH賃貸の販売が少しずつ拡大している。ZEHとは高い断熱性能や省エネ・創エネによって1年間で消費するエネルギー量が正味でおおむねゼロ以下となる住宅のことを指し、その基準を満す賃貸住宅のことをZEH賃貸という。6月に政府が公表した「地域脱炭素ロードマップ」では、住宅の省エネ性能向上や創エネも重点課題の1つとして挙げられている。そうした中、ZEH賃貸の販売を拡大するために賃貸住宅のメーカー各社はどのような取り組みを行っているのか。大手5社に話を聞いた。

積水ハウス、21年度上期でZEH賃貸3486戸販売

積水化学工業、09年からの太陽光設置ノウハウ生かす

 積水化学工業(大阪市)も、ZEH賃貸「レトアAZ」を18年から展開。20年までに累計39棟180戸を販売している。18年度21棟104戸、19年度10棟30戸、20年度8棟46戸となっている。21年度は11棟48戸の販売を予定している。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

関連記事▶【広がるエコ賃貸[前編][後編]】

検索

アクセスランキング

  1. 51%が管理物件の家賃値上げ

  2. 2024年賃貸仲介件数ランキング409社(1位~10位)

    2024年賃貸仲介件数ランキング

  3. フジ住宅、中古住宅価格見直し 減収減益

    フジ住宅

  4. ファイバーゲート、再エネ 各住戸に供給【差別化戦略】

    ファイバーゲート

  5. タイセイ・ハウジー 赤間健一郎社長 社宅代行強み、管理7万5675戸

    【企業研究vol.238】タイセイ・ハウジー

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ