電子契約は自社に合ったサービスを導入 既存業務管理システムとの連携で効率化

【連載】デジタル時代の不動産ニューノーマル 第11回

企業|2022年01月07日

  • twitter

 2022年からいよいよ電子契約が本格的に始まる。

 これまでは電子契約の効果と課題について解説してきたが、今回は「不動産賃貸業界では、何を意識してどのような電子契約サービスを選択すると、効果の最大化が可能か」を考えていきたい。

 電子契約サービスは世界的に展開している「ドキュサイン(米国カリフォルニア州)」、日本でシェアの高い「クラウドサイン(弁護士ドットコム:東京都港区)」などが有名だ。それ以外にもいろいろな特徴を持った電子サインが存在し、少なくとも20社以上のサービスが存在する。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『電子契約は今後のデジタル戦略で重要 操作性や安全性など家主の理解を得る』

検索
管理戸数/仲介件数/人気設備/建築 賃貸市場ランキング

アクセスランキング

  1. 【不動産取引】5月18日電子契約全面解禁、電子書面の交付が可能に

    国土交通省

  2. 【日本情報クリエイト、リアプロ買収】両サービスのデータを連携

    日本情報クリエイト

  3. 全国賃貸住宅新聞【紙面ビューアー】閲覧用URL一覧

    全国賃貸住宅新聞 紙面ビューアー

  4. 管理士移行講習未修了者が2割、申し込み締め切りまであと2週間切る

    一般社団法人賃貸不動産経営管理士協議会

  5. スルガとの交渉進まずSI被害弁護団

    スルガ銀行不正融資被害弁護団

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ