賃貸住宅市場への円安の影響を探る

大東建託,三菱地所ホーム,グローバル・リンク・マネジメント,スカイコート

管理・仲介業|2022年06月06日

  • twitter

 歴史的な円安が続く中、賃貸住宅ビジネスにおいても建築コスト上昇などの影響が出てきている。全国賃貸住宅新聞は円安が与える事業への影響についてアンケート調査を実施し、「資材コストの上昇」との回答を得た。一方、円安により海外投資家などからは物件取得意欲が高まっているとの声もあった。

利回り下落で計画とん挫も

家賃転嫁で収益確保

 円安による輸入資材の高騰で建築費が高くなったことにより、建設会社は対応を迫られている。全国賃貸住宅新聞は5月10~17日、大手ハウスメーカーや収益不動産デベロッパーなど計23社を対象に、円安が与える事業への影響についてのアンケートを実施し、6社から回答を得た。そのうち5社が円安の影響について「資材コスト上昇」と回答した。1社は「新規受注停止中のため影響なし」との回答だった。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『大東建託、子会社で不適切会計』

検索

アクセスランキング

  1. 51%が管理物件の家賃値上げ

  2. 2024年賃貸仲介件数ランキング409社(1位~10位)

    2024年賃貸仲介件数ランキング

  3. フジ住宅、中古住宅価格見直し 減収減益

    フジ住宅

  4. ファイバーゲート、再エネ 各住戸に供給【差別化戦略】

    ファイバーゲート

  5. タイセイ・ハウジー 赤間健一郎社長 社宅代行強み、管理7万5675戸

    【企業研究vol.238】タイセイ・ハウジー

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ