大東建託、子会社で不適切会計

その他|2022年05月30日

  • twitter

 大東建託(東京都港区)は24日、連結子会社社員による不適切な会計処理があったと発表した。金額は3月末時点で7億3100万円に上る。

未払い費用過大計上など7億円超

 現在確認されているのは、未払い金および未払い費用の過大計上が5億6900万円、広告宣伝費の不適切な支払いが1億6200万円、合わせて7億3100万円だ。使途などの具体的な内容について、大東建託経営企画室の担当者は「非開示」とコメントしている。

当該社員による未承認の経費約50万円の使途について管轄役員が不審に思ったことをきっかけに調査を開始。413日に同役員が社内告発を行った。

当該社員の所属は非開示。ただし、営業現場の社員ではないため、オーナーや入居者への直接の影響はない。当該社員については、「ある程度の役職がある者」と説明した。

 現在調査中のため、いつ頃から不適切な会計処理が行われていたのかは不明。これまで発覚してこなかった経緯についても調査中で、個人によるものなのか、組織によるものなのかも含め、原因の究明にあたっている。調査期間は未定。大東建託は「ご迷惑をおかけしており大変申し訳ありません」とコメントを発表している。

検索

アクセスランキング

  1. 省エネ性能ラベル表示、開始

    国土交通省,リクルート,アットホーム,LIFULL(ライフル),大東建託グループ,積水ハウスグループ

  2. コロンビア・ワークス、「総資産1兆円へ」開発を加速【上場インタビュー】

    コロンビア・ワークス

  3. 大手不動産会社で入社式

    レオパレス21,大東建託グループ,ハウスメイトパートナーズ,APAMAN(アパマン),常口アトム,武蔵コーポレーション,TAKUTO(タクト),三好不動産

  4. 明和地所、創業45年 浦安市で3000戸管理【新社長インタビュー】

    明和地所

  5. リース 中道康徳社長 家賃債務保証システムで成長

    【企業研究vol.244】リース

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ