【収益不動産マーケット最新動向】企業やファンドの住宅取得増

ランドネット,フェイスネットワーク,日本財託,グッドライフカンパニー,貝沼建設

投資|2022年07月25日

  • twitter

 新型コロナウイルス下で影響を受ける収益不動産マーケットだが、ネガティブな変化ばかりではない。特に家賃収入が安定する日本の賃貸住宅は、投資先として注目を集めている。コロナ下で稼働率が低迷したホテルなどに投資していた機関投資家のマーケット参入も進む。主要都市を商圏とし収益不動産を取り扱う5社に、市場の最新動向を取材した。

コスト高騰、利回り1%減も

ランドネット、都内中古区分の需要安定

 中古のワンルームやファミリー向けマンションの買い取り再販を行うランドネット(東京都豊島区)では、建築資材の原価高騰により利益を生み出すのに苦戦しているという。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『収益不動産販売、7社が増収』

検索

アクセスランキング

  1. 異次元の金融緩和が終了

    日本銀行

  2. 明和地所、創業45年 浦安市で3000戸管理【新社長インタビュー】

    明和地所

  3. タスキ/新日本建物、持ち株会社を設立【トップインタビュー】

    タスキホールディングス,タスキ,新日本建物

  4. 住友林業レジデンシャル 吉田浩社長 住林G、管理4万3744戸に伸長

    【企業研究vol.243】住友林業レジデンシャル

  5. ESTATE SYSTEM、IoTの導入推進でほぼ満室

    ESTATE SYSTEM(エステートシステム)

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ