東急リバブル、不動産投資事業を強化

東急リバブル,東急住宅リース

商品|2023年07月15日

  • twitter

第3号の不動産小口化商品レガシア恵比寿

 不動産売買などを行う東急リバブル(東京都渋谷区)は、不動産投資事業を強化している。

小口化商品第3号募集開始

 6月1日に第3号となる不動産小口化商品(以下、小口化商品)「レガシア恵比寿」の募集を開始した。

 募集総額は18億円で、9月30日までの募集を予定。7月5日時点で、募集総口数360口に対し、約60%の申し込みが来ている。

 対象物件は東京メトロ広尾駅から徒歩9分の場所に立地する。RC造で地下1階、地上5階建てのマンションだ。専有部面積は25.22~53.06㎡。間取りは1Kが1戸、1LDKが30戸。

 同社による任意組合の組成は11月1日を予定している。2口1000万円から出資ができる。予定分配金利回りは2.8%。予定運用期間は10年間で、5年間の延長オプションが付く。

 投資対象の物件は、グループ会社の東急住宅リース(東京都新宿区)との間で、一括借り上げ契約と建物管理委託契約を結んでいる。「空室や家賃の滞納リスクを低減している点も特徴」と東急リバブル資産パートナー事業部・レガシア事業グループの荒川隆行マネージャーは話す。

 同事業のターゲットは、60~80代の富裕層だ。荒川マネージャーは「資産運用をしながら、遺産分割を考えている人が多い」と話す。

 東急リバブルは2019年より、不動産投資事業を開始した。1棟目は東京都世田谷区の店舗ビルを小口化し、募集総額は9億3000万円。2棟目は22年に東京都千代田区のマンションを小口化し、募集総額は16億円だった。現在、2商品とも完売している。

 「毎年、2~3件ほどの不動産小口化商品を販売していく予定。資産運用で課題を抱えている人のニーズに応えていきたい」(荒川マネージャー)

(2023年7月17日2面に掲載)

おすすめ記事▶『新日本コンサルティング、クラファンサイトを開設』

検索

アクセスランキング

  1. 省エネ性能ラベル表示、開始

    国土交通省,リクルート,アットホーム,LIFULL(ライフル),大東建託グループ,積水ハウスグループ

  2. コロンビア・ワークス、「総資産1兆円へ」開発を加速【上場インタビュー】

    コロンビア・ワークス

  3. 大手不動産会社で入社式

    レオパレス21,大東建託グループ,ハウスメイトパートナーズ,APAMAN(アパマン),常口アトム,武蔵コーポレーション,TAKUTO(タクト),三好不動産

  4. 明和地所、創業45年 浦安市で3000戸管理【新社長インタビュー】

    明和地所

  5. リース 中道康徳社長 家賃債務保証システムで成長

    【企業研究vol.244】リース

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ