意匠性と採光性兼ね備えて満室|SUEP.

風光舎

人気物件|2019年12月16日

  • twitter

左側の壁が柔らかい曲線を描いている。窓側には「居場所」になるような空間を設けた

 東京都江東区に立つ『風光舎』は、2017年2月に竣工した。冬も夏も快適な日差しを得るため窓の向きに変化を持たせた住まいだ。断熱性や風の流れ、さらにデザイン性などにも配慮。相場よりも高い家賃でありながら満室状態での引き渡しとなった。

日差しを夏は抑えて冬は取り込む高遮熱ペアガラス

南東側の窓が斜めになっている特長的な外観が、夏や冬の快適さを生んでいる

南東側の窓が斜めになっている特長的な外観が、夏や冬の快適さを生んでいる

 『風光舎』は運河に面した場所にある。1階は店舗、2.3階が賃貸住戸、4階はオーナー宅だ。同建物にほど近い場所には幹線道路が走り、周辺は建物の高層化が進むエリア。そのため日照環境に課題があった。設計を担当したSUEP. (スープ:東京都世田谷区)は、「環境共生型の住まい」というオーナーからの依頼に配慮し「光や風に配慮した集合住宅」をテーマに同建物を設計。冬は日差しを取り入れ、夏は日差しを抑える最適なファサードを目指した。アルゴリズムを用い日射を解析することで2916ものファサードの形状パターンを抽出。その中から、構造なども配慮し最適なファサードモデルを採用した。そのため窓が南東向けに斜めになっている外観が特長的だ。平面的な窓よりも冬の日射取得量が約52.1%増えたという。さらにオーナーのこだわりである「断熱性」を考慮し、床に断熱材を入れるとともに全住戸の窓に高遮熱性ペアガラスを採用した。

玄関に網戸付き格子戸を採用して風通し配慮

格子と格子の間に網戸がありロックもできる

格子と格子の間に網戸がありロックもできる

 また建物の中央にある中廊下には、ルーバー部分の角度を変えて換気ができるジャロジー窓を南・北両方に設置し、風が通るようにした。さらに住戸の玄関手前にはロック機能を設けた網戸付き格子戸を採用。これにより玄関ドアを開けておけば、中廊下との風の流れが生まれる。

 住戸には自分の「居場所」を感じるような空間として、窓側に低いベンチや本棚がある。また壁がカーブになった部屋を用意。「柔らかい曲線があると、部屋のアクセントになる」と同社代表取締役の末光弘和氏は語る。壁は白色とすることで、光を取り込むようにしている。また普段は開放していないが、屋上には芝生を敷き、コミュニケーションを育む要素も取り入れている。

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 【トップインタビュー】ギガプライズ、ネット提供数、年10万戸超増加

    ギガプライズ

  2. 2020 人気設備ランキング発表

  3. 【その4】賃貸仲介の実態、各社ごとにどう違う?

    福重設計, HOMEプロデューサーZERO, ハウジングプラザ

  4. フェイスネットワーク、居住用不動産への投資堅調

    フェイスネットワーク

  5. 大阪府住宅供給公社、団地内にシェアサイクル設置

    大阪府住宅供給公社

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ