TATERU 倒産リスク回避

TATERU

企業|2019年12月02日

  • twitter

古木社長が説明

 アパート開発のTATERU(東京都渋谷区)は11月22日、経営方針説明会を開いた。2018年8月に明るみに出た不適切営業問題以降、同社は企業ブランドの失墜でアパート販売がおぼつかなくなり、一時は関係者間で倒産危機までささやかれたが、現在は当初懸案だった在庫処理が一服。18年9月時点で200億円近く抱えていた在庫の一括売却が進み、約50億円まで圧縮した。構造改革を進めつつ、今後はアパート販売事業を縮小し、賃貸管理とホテル開発で利益を積み増していく。

一括売却による在庫処理が一段落

 TATERUの説明会は、不適切営業問題が表面化して以来、初めての記者会見となる。古木大咲社長は、冒頭で再発防止策をあらためて説明し、これまで取り組んできた財務改善・構造改革の内容と、今後の経営方針を発表した。

 財務内容については、問題発覚後200億円近く膨らんでいた棚卸し資産(販売用不動産などの在庫)の一括売却が進み、直近19年1~9月期の在庫を約50億円まで圧縮した。また、借入金を差し引いた現預金が前年同期の35億円から51億円に増え、古木社長は「現時点で倒産は非常に考えにくい」と強調した。

 前期の通期決算(18年12月期)では、本業のもうけを示す営業利益が前年より87・8%低い大幅減益となった。理由は18年9月以降、広告自粛による営業力の低迷と、アパートの引き渡しの遅延、受注の取り消しなどが相次いだため。財務上の危機感から在庫の一括売却を進め、「評価損」を計上したことも業績に響いた。

  • 検索
  • 賃貸住宅フェア2020

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. TATERU 倒産リスク回避

      TATERU

    2. 受験者数が過去最多

      一般社団法人賃貸不動産経営管理士協議会

    3. ホームネット、IoT電球で見守り

      ホームネット

    4. 駐車場の契約「電子化」へ

      大東建託リーシング

    5. 駅15分でも9割稼働

      一般社団法人日本シェアハウス連盟

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    ページトッップ