TATERU、19年12月期 最終赤字140億円

TATERU

企業|2020年02月18日

  • twitter

 サラリーマン向けアパート開発・販売のTATERU(東京都渋谷区)が13日、2019年12月期決算を開示し、最終赤字が145億3600万円となった。

在庫の評価損など

 18年9月に明るみに出た不正融資問題で主力のアパート販売に急ブレーキがかかり、売上高・営業利益ともに大幅に減少。在庫である販売用不動産の一括売却や早期売却にかかわる評価損も響いた。

 売上高は188億2800万円と前年比76・2%減、そして96億7100万円の営業損失を計上した。

  • 検索
  • 賃貸住宅フェア2020

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. コロナ禍 賃貸市場も大打撃

    2. 「賃貸管理の法制化」6月成立見通し

    3. エコホームズ、他社仲介向けにマニュアルを作成

      エコホームズ

    4. コロナで民泊稼働ゼロも

    5. JAアメニティーハウス、契約の電子化 開始1年

      ジェイエーアメニティーハウス

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    ページトッップ