企業研究vol.097 アイケンジャパン 中島厚己 社長【トップインタビュー】

アイケンジャパン

インタビュー|2021年02月19日

  • twitter

アイケンジャパン 中島 厚己 社長(55)

 福岡と東京を中心に国内10カ所に拠点を擁し、「堅実なアパート経営」をキャッチフレーズに、投資用木造アパートで累計900棟以上の開発・販売実績があるアイケンジャパン。節目となる15期目を迎えた同社の強みは独自基準である「収益稼働率」を重視した高い信用力と社会人女性のニーズに応える物件力にある。昨年7月には賃貸住宅のIoT化を実現するため、最新のIoT機器を物件に導入し、自慢の物件力をさらに高めた。今回は中島厚己社長に開発する物件のこだわりや今後の展望を聞いた。

15年で全国に900棟以上の開発・販売

IoT機器導入で物件力を高める

―創業から15年。ここまで順調に成長できた要因について聞かせてください。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索

アクセスランキング

  1. 51%が管理物件の家賃値上げ

  2. 2024年賃貸仲介件数ランキング409社(1位~10位)

    2024年賃貸仲介件数ランキング

  3. フジ住宅、中古住宅価格見直し 減収減益

    フジ住宅

  4. ファイバーゲート、再エネ 各住戸に供給【差別化戦略】

    ファイバーゲート

  5. タイセイ・ハウジー 赤間健一郎社長 社宅代行強み、管理7万5675戸

    【企業研究vol.238】タイセイ・ハウジー

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ