野原ホールディングス、高画質VRデータを簡単作成

野原ホールディングス,Matterport(マーターポート),イーダブルジー

商品|2023年03月14日

  • twitter

高画質なVR空間データ。部屋と部屋の間も違和感なく作成

 建設資材の販売を手がける野原ホールディングス(東京都新宿区)は2020年8月より、Matterport(マーターポート:米国)が提供する「Pro(プロ)2 3Dカメラ」などのVR(仮想現実)空間撮影用カメラおよびクラウドシステムを日本の正規代理店として販売している。

自動で3Dモデリング

 Pro2 3Dカメラでは4K対応の高画質で鮮明なデータを簡単に作成できる。専用のアプリを操作すると、カメラが360度回転して空間をスキャンする。データ化したいポイントを移動しながら上記を繰り返すことで撮影が完了。撮影データをクラウドシステムにアップすると自動で3D(3次元)モデリングが行われ、数時間でVR空間のデータが生成される。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『野原ホールディングス、通販用の独自商品 のり付き壁紙発売』

検索

アクセスランキング

  1. 最高裁判決、公社の家賃改定に一石

    最高裁判所,神奈川県住宅供給公社

  2. 大和ハウス賃貸リフォーム、買取再販本格化 年商400億円へ【新社長インタビュー】

    大和ハウス賃貸リフォーム

  3. JR西日本、団地の入居促進 交通利便性高める

    JR西日本

  4. 船井総合研究所、賃貸管理の勉強会を実施

    船井総合研究所

  5. LPガス法改正、方針示す

    経済産業省

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ