YouTubeやAIを活用

シーサイドリアルエステート

その他|2020年01月19日

  • twitter

シーサイドリアルエス テート(福岡市) 和田勝美社長(59)

 約300戸を管理するシーサイドリアルエステート(福岡市)は、8年前から物件紹介にYouTube(ユーチューブ)を利用している。これまでに投稿した物件紹介の動画本数は200本以上に達する。

物件紹介動画200本以上

 きっかけは、従業員の減少だ。社員は現在8人だが、かつては17人だった。離職率の高い不動産業界では、経験を積んだ社員の独立や転職が珍しくなく、社員が減っても来客応対の質や集客力が維持できるように、属人的な業務を減らすことも必要だ。

 YouTubeの活用は物件紹介の手段として他社と差別化が図れ、商談時にアピールができる。さらに、インターネット検索で動画は上位にくることが多いため、SEO対策にも役立つ。自社ホームページから視聴できるようにしており、視聴者からの問い合わせもあるという。

 2017年10月には、マンションの相場価格が分かるAI査定システムを導入。売買を検討している客が同社ホームページから利用することができるので、簡単な査定であれば従業員に頼らずとも行えるようになった。

 和田勝美社長は「こうした取り組みで飛躍的に仲介件数や問い合わせが増えることはないが、インターネットやAIを活用することで属人化し過ぎない体制を整えていきたい」と語る。

  • 検索
  • 賃貸住宅フェア2020

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 【修繕費返還請求裁判】レオパレス勝訴

      レオパレス21

    2. コロナウイルス 宿泊大打撃

    3. Casa、民法改正の注意点解説

      Casa(カーサ)

    4. 仲介手数料裁判 東急リバ敗訴

      東急リバブル

    5. TATERU、19年12月期 最終赤字140億円

      TATERU

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    ページトッップ