オーナー住居をシェアハウスに改修

2017年04月27日 | リノベーション

  • twitter

共生の森がテーマ、インテリアに緑を配色


3階建ての賃貸住宅の一部をシェアハウスに改装し相場より1万円高で満室稼働中だ。

物件は京王電鉄京王線「笹塚」駅から徒歩7分に立つ3階建てで1階部分が賃貸、2階が賃貸と託児所、最上階はオーナー居住スペースだった。
今回は2階の託児所部分に3室、オーナー居住スペースに10室の計13室のシェアハウスにリノベーションし、シェアハウス部分を既存の賃貸と区別をして『SILVA笹塚』と命名している。
4月1日の入居開始までに全戸成約した。
賃料は6万7000円。

物件のコンセプトは「互いが共生する森のようなシェアハウス」。
入居者が刺激をし合って、繁栄する森のような場であってほしいとの願いを込めてつくられた。

ほぼ全てスケルトンの状態からリノベーションを行った。


              BEFORE
シルワ_20170424_01.jpg

中央部に26㎡の共用スペースとキッチンがあり、共用部から左右に広がるように各7.5㎡の居室スペースが並ぶ。

共用部分の壁一面にはギリシャ語で森を意味する「SILVA」の文字と、森のチョークアートが描かれている。
「シェアハウスの方針は話をしても伝わらない部分がある。イラストで視覚に訴えると伝わりやすい」と一柳雄太社長。

シルワ_20170424_02.jpg

共用スペースには、イスやテレビ台、ソファなど至る所に森を想像させる緑色を配色した。
各居室スペースでは、日当たりが良いことを利用して光に反射して部屋が明るくなるイエローやピンクのクロスを貼った。

成約理由は一柳社長のコンセプトに共感したからだ。
SNSからの問い合わせが最も多く13室の内9室は一柳社長のフェイスブックの投稿をきっかけに入居を決定した。
相場より1万円程高い賃料でも独身者で成長意欲旺盛な20~30代に支持されている。

  • 検索
  • 会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 賃貸管理業法ついに成立

    2. コロナ不況最前線 アパート家賃滞納「じわり」発生

    3. 朝日不動産、ウェブセミナーを開催

      朝日不動産

    4. Labo、外国人実習生向け物件着工

      Labo(ラボ)

    5. 日本エイジェント、外国人向け物件サイトにベトナム語追加

      日本エイジェント

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    • RSS
    • twitter

    ページトッップ