西日本豪雨 復興道半ば

その他|2019年07月08日

  • twitter

住宅が流され、更地となっている場所が見られる(岡山県倉敷市)

みなし仮設未だ2500戸入居

平成史上最悪の水害をもたらした西日本豪雨から、1年が経過した。被害が最も大きかった岡山県倉敷市では、みなし仮設住宅での生活を余儀なくされている被災者がいまだに多い。人手不足や建築費の高騰により、復旧のめどは大幅に遅れている状態だ。前例のない対応を迫られる地元管理会社でも、試行錯誤の一年となった。

 

土砂崩れによる跡が今も残っている(広島県東広島市)

みなし仮設住宅は、物件を県が所有者から借り上げ、入居者世帯の人数によって家賃が県から支払われる。賃貸物件の空き室を活用した制度だ。岡山県は、契約期間を2年間と定めているが、自宅の確保ができた入居者は契約途中での解約も可能となる。県の発表では、豪雨によるみなし仮設住宅として活用された3420件のうち、2517件が今も入居中となっている。

  • 検索
  • 賃貸住宅フェア2020

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 電子書面交付社会実験、「積極活用」113社中3社のみ

    2. 不動産業務のマッチングサービス

      ラックベア

    3. 企業研究vol.040 木村光貴 社長

      ユーミー ホールディングス

    4. 沖縄限定の賃貸住宅

      大東建託

    5. TATERU 倒産リスク回避

      TATERU

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    ページトッップ