スルガ銀行、「1棟収益ローン債権」金利下落

スルガ銀行

企業|2020年02月06日

  • twitter

 スルガ銀行(静岡県沼津市)が抱える「1棟収益ローン債権」の利回りの下落が続いている。ローン返済に行き詰まる投資家を救済する一環で、CFが芳しくない貸し付け先などから金利減免交渉を受けていることが響いている。今後、この下落圧力がさらに高まる可能性が指摘されている。関係者の声を拾いながら詳細を追った。

1年で0.3ポイント減、73%が「要注意先」

 スルガ銀行の「1棟収益ローン債権」は、1棟アパート・マンションのローン債権を指し、同じ賃貸住宅でもシェアハウスやワンルームマンション(区分)は対象外となる。

 この「1棟収益ローン債権」は同行の収益柱で、残高は1兆1930億円。同行の全ての貸出金残高2兆6776億円の45%も占めている(19年9月時点)。

 公認会計士・鹿谷会計事務所の鹿谷哲也代表は「低金利時代、利回り3%を上回るローン債権は、他行がうらやむレベル」と評する。同行を支える主力事業であることは間違いなさそうだ。

 だが同債権の「利回り」(個別の残高を加味した加重平均)は、18年9月より少しずつ減少している。2019年9月時点で3・41%。前年と比べると、すでに0・3ポイントも下落している。同行のワンルーム債権の下落幅0・04ポイントを大きく上回っている。

 審査基準などの低さなどから、不採算の1棟物件をフルローンで借り入れ、返済に苦しむ人が発生し、金利減免交渉を進めているためと考えられる。同行は金融庁の行政処分に応える形で、不正融資の有無問わず、金利の減免交渉に応じている。

  • 検索
  • 会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. タウングループ、悲願の100店舗達成

      タウングループ

    2. 日本財託、都心1R「コロナの影響限定的」

      日本財託グループ

    3. Box Brownie.com、VRステージング大手が日本進出

      BoxBrownie.com(ボックスブラウニードットコム)

    4. Casa、テナント用家賃保証の新商品

      Casa(カーサ)

    5. トップインタビュー 日本管理センター 武藤英明社長

      日本管理センター

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    • RSS
    • twitter

    ページトッップ