10月1日から火災保険料値上げへ

2015年09月28日

  • twitter

地震保険は最大50%アップも視野


大手損害保険会社各社は10月1日から、火災保険料の値上げと、10年を超える新規契約の廃止を行う。

損害保険料算出機構が昨年7月に行った「参考純率」の改定を受けたもの。
建物の構造や地域によっても異なるが、火災保険料は全国平均で2~4%の値上げとなる。
また、これまで最長で36年の長期契約が可能だった契約期間も10年が限度となり、期間の長さによって設けられていた割安の価格設定も見直されることになる。
今後、土地活用や不動産投資で新たに物件を取得するオーナーは、新価格で保険加入することになる。

今回の火災保険料改定の背景には、大型台風やゲリラ豪雨、雪災など、さまざまな異常気象で建物が甚大な被害を受け、それに伴い保険金の支払いが増加していることがある。
同機構によると、台風被害による保険料支払額は、1989~2003年度の平均800億円から04~12年度は1000億円に増加。

また、台風以外の被害についても07~09年度の累計約500億円から10~12年度には約1400億円になった。
この他、水道管等の晴れるにより生じた漏水事故による保険金支払いも、前回改定前と比べて約4倍に増加している。

また、2017年以降には、火災保険とセットで加入する地震保険についても段階的な値上げが予定されている。
すでに全国平均で19%の値上げが決定し、南海トラフ地震などの巨大地震の発生が想定されている太平洋側の一部のエリアでは、最大50%の値上げも検討されている。

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 【関東版】賃貸仲介ランキング2021・トップ10

    チンタイバンク, リビングギャラリー, のうか不動産

  2. レジデンシャル ペイメント、元警察官による入居者トラブル対応、8万契約突破

    レジデンシャルペイメント

  3. 管理会社に聞く入居者対策①【前編】

    絹川商事, タクシン不動産

  4. 大東建託、首都圏トップはみなとみらい線

    大東建託

  5. 法務省、不動産の相続登記、義務付けへ

    法務省

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ