エコ住宅改修で1戸30万円補助

【連載】リクルートSUUMO不動産トレンド最前線

統計データ|2022年06月08日

  • twitter

 2022年度から住宅ローン減税の控除率が0.7%に引き下げられた。住宅購入のメリットがやや薄れた感があるが、別に購入支援策として国土交通省の「こどもみらい住宅支援事業」がスタート。この事業では補助対象に住宅リフォームが含まれている。リフォームは子どもがいるなどの世帯は問わず事業用のアパートやマンションのリフォームも対象で、1戸あたり上限30万円(総戸数10戸なら300万円)の補助が受けられる。

 この制度の補助を受ける要件は、所有者らがこの仕組みに登録した施工事業者と工事請負契約をして実施することと、①開口部の断熱改修②外壁、屋根・天井または床の断熱改修③エコ住宅設備の設置のいずれかの工事を行うことが条件。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『22年度学生賃貸市場、コロナ前には戻らず』

検索

アクセスランキング

  1. JCOM、月額制の防犯カメラで攻勢【注目企業に迫る】

    JCOM(ジェイコム)

  2. 繁忙期、成約件数は堅調

    山一地所,旭ハウジング

  3. 法人・一般好調も、学生は苦戦【2024年繁忙期総括】

    住まいの戸田,クラッシー・ホームズ,ホワイトホームズ,つばめ不動産,グッドフェイス,高山不動産,アルカディア管財,三好不動産,早川不動産,武蔵小杉駅前不動産

  4. 宅配ボックス補助金、申請受付

    国土交通省,ハッピーハウス

  5. アルデプロ、上場廃止

    アルデプロ

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ