森川不動産、福井市中心に賃貸仲介1355件【成長企業インタビュー】

森川不動産,MORE(モア)ホールディングス,ピッタリハウス,モリノベ,Relief(リリーフ)

インタビュー|2023年12月05日

  • twitter

 地場不動産会社の森川不動産(福井市)は「小さなマーケットで大きなシェアを持つ」という考えのもと、福井市内でのシェアを拡大している。自社のブランディングも強化し、賃貸仲介件数を伸長する。同社の森川佳祐社長にこれまでの実績や今後の成長戦略について取材した。

20年に社長就任 HD体制に移行

 森川不動産の2022年の賃貸仲介件数は1355件だ。19年は1072件で、3年で283件増加した。売り上げは非開示。

 森川社長は20年1月に社長に就任。森川不動産は同年にホールディングス化し、MORE(モア)ホールディングスとなった。分社化により、顧客への専門的なサービスの提供を目指した。

 MOREホールディングスが事業運営の母体となり、そのほか事業ごとに四つのグループ企業で構成されている。ピッタリハウス(同)が賃貸管理、森川不動産が賃貸仲介、モリノベ(同)が広告・採用、Relief(リリーフ:同)が家賃債務保証をそれぞれ手がける。売り上げを事業構成比で見ると、賃貸管理が5割、賃貸仲介が4割、不動産売買などが1割となる。

森川不動産の会社データまとめ

過去4年の仲介件数の推移

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『YAKホールディングス、中国人向け仲介・再販で急成長【成長企業インタビュー】』

検索

アクセスランキング

  1. 51%が管理物件の家賃値上げ

  2. 2024年賃貸仲介件数ランキング409社(1位~10位)

    2024年賃貸仲介件数ランキング

  3. フジ住宅、中古住宅価格見直し 減収減益

    フジ住宅

  4. ファイバーゲート、再エネ 各住戸に供給【差別化戦略】

    ファイバーゲート

  5. タイセイ・ハウジー 赤間健一郎社長 社宅代行強み、管理7万5675戸

    【企業研究vol.238】タイセイ・ハウジー

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ