エード・ライフ、小口化商品 2日で完売

エード・ライフ

投資|2020年01月25日

  • twitter

 不動産投資商品の販売を行うエード・ライフ(大阪府堺市)では、不動産特定共同事業許可に基づく不動産小口化商品『エード・ファンドMy(マイ)シェア』の第1号と第2号の販売が好調だ。

 同商品は同社が事業用不動産を取得し、テナントから得る賃料を出資者と分け合う匿名組合契約となる。2019年7月に発売した第1号商品では、同社が大阪府堺市の事業用土地を取得し、大手コンビニエンスストアとの間に事業用定期借地契約を締結して、長期の安定収入を確保。テナントから毎月入る賃貸収益を、出資額に応じて3カ月ごとに年4回分配する。想定利回りは年5%で契約期間は22年8月31日まで。出資総額は2億円で、1口100万円、全160口、計1憶6000万円を募集した。テナントの退去リスクや賃料の下落リスクに備えて、投資家からの出資は優先出資、同社の出資を劣後出資として、投資家保護も行っている。

  • 検索
  • 会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. タウングループ、悲願の100店舗達成

      タウングループ

    2. 日本財託、都心1R「コロナの影響限定的」

      日本財託グループ

    3. Box Brownie.com、VRステージング大手が日本進出

      BoxBrownie.com(ボックスブラウニードットコム)

    4. Casa、テナント用家賃保証の新商品

      Casa(カーサ)

    5. トップインタビュー 日本管理センター 武藤英明社長

      日本管理センター

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    • RSS
    • twitter

    ページトッップ