一般社団法人少額短期保険協会、第2回孤独死サミット開催

一般社団法人少額短期保険協会

企業|2020年12月18日

  • twitter

ウェビナー形式で開催

 一般社団法人少額短期保険協会(東京都中央区)の孤独死対策委員会は11月27日、ウェブセミナーイベント『孤独死サミット2020』を開催。自治体の高齢者対策として東京都北区、中野区の取り組み事例紹介や、大学生からのビデオメッセージ、パネルディスカッションなどが行われた。

コロナ禍の影響に注視

 開会に先立ち同委員長の安藤克行副会長(アイアル少額短期保険社長)は、「内外に情報を発信しようと昨年第1回を行ったサミットだが、2回目となる今年はコロナ禍の影響について触れざるを得ない。今後考察していきたい」と、「withコロナ時代の孤独死対策」をテーマとした意図について語った。

 同日は「第5回孤独死現状レポート」を公表。リポートでは孤独死リスクの高い「単独世帯」と「夫婦のみ世帯」の合算が2015年時点で50%超、40年には60%を超え、「孤独死の潜在的発生要因が増加し続ける」と指摘する。孤独死の中で自殺の10.8%は、一般的な数値(約1.4%)より高く、中でも青年・壮年層が突出していることや、男性の孤独死の早期発見が40%未満であり、早期発見できるかどうかは「生前の他者とのつながりを重視する社会的濃淡の差」などを挙げる。特別編の「コロナ禍と孤独死」では、両者に相関が想定されるデータをまとめたが、4~9月時点で自殺者の増加傾向と孤独死の因果関係はまだ明確ではなく、「今後の動向を注目したい」とした。

(12月14日3面に掲載)

おすすめ記事▶『Anjo、賃貸での孤独死特化の保険開始』

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 東急、不動産運営事業を子会社へ移管

    東急

  2. 【特集】賃貸仲介の「来店成約率」どう高める?(1/全3回)

    エル・ディー・ケイ, FPR(エフピーアール)

  3. 【特別リポート】緊急事態宣言、部屋探し店舗の集客の影響は軽微?一都三県の4社に聞く

    平和不動産, Nexture(ネクスチャー), タキナミネクスト, イーアス不動産

  4. 【トップインタビュー】ハウスコム、宅都買収で計211店舗に拡大

    ハウスコム

  5. 宅都HD、賃貸仲介事業をハウスコムに株式譲渡

    宅都ホールディングス, ハウスコム

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ