賃貸住宅フェア2022 セミナーダイジェスト

ことぶき法律事務所

その他|2022年10月13日

  • twitter

損害賠償賃料の2年分 貸室自殺、連帯保証人へ請求可

宅地建物取引士必見! 事故物件告知義務ガイドラインの徹底解説

 2021年10月に国土交通省より、物件での人の死の告知に対するガイドラインが発表された。

 このガイドラインは居住用不動産が対象で、宅地建物取引事業者が取るべき対応について定めたものだ。その内容としては、まず調査義務がある。これはオーナーに告知書を渡し、人の死があったかどうかを記入してもらえばいいが、告知書への記載が適切になされるよう、必要に応じてオーナーに対し助言を行うことが望ましい。人の死を故意に隠した場合などは、損害賠償責任が発生する可能性があることをしっかりと理解してもらったうえで告知書をもらうといいだろう。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『賃貸住宅フェア2022セミナーレポート』

検索

アクセスランキング

  1. 【電帳法改正1年】電子契約書類などの保管に要注意

    弁護士ドットコム

  2. 民泊復調、「売上21年比倍増」【クローズアップ】

    ファミリアリンク,Unito(ユニット)

  3. 家主が知っておきたい法制度解説~民法改正編~

    銀座第一法律事務所

  4. チームネット、保護猫を共用部で預かり

    チームネット

  5. 企業研究vol.182 日本保証 熱田 龍一 社長【トップインタビュー】

    日本保証,Jトラスト,日本ファンディング,エイチ・エス証券,Jトラストグローバル証券

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ