ボルテックス、不動産小口化商品第6弾販売

ボルテックス

投資|2020年02月19日

  • twitter

『VORT AOYAMA』の外観(201 9年12月撮影)

 区分所有オフィスによる資産形成コンサルティングを手掛けるボルテックス(東京都千代田区)は5日、不動産小口化商品『Vシェア』の新規物件として、『VORT AOYAMA 地下1階 002号室』の販売を開始した。販売総口数は280口で、共有持ち分として500万円(1口100万円で5口以上)から販売する。募集予定総額は2億8000万円。14日時点で約4割が販売済み。

投資価値高い案件組成

 同物件は東京メトロ「表参道」駅から徒歩7分、同「渋谷」駅から徒歩8分の立地で、大学、飲食店やショップが立ち並ぶ人気のエリア。鉄筋コンクリート造地上6階、地下1階。当該物件は地下1階で和食料理店がテナントとなっている。

  • 検索
  • 会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 日本財託、都心1R「コロナの影響限定的」

      日本財託グループ

    2. タウングループ、悲願の100店舗達成

      タウングループ

    3. Box Brownie.com、VRステージング大手が日本進出

      BoxBrownie.com(ボックスブラウニードットコム)

    4. トップインタビュー 日本管理センター 武藤英明社長

      日本管理センター

    5. Casa、テナント用家賃保証の新商品

      Casa(カーサ)

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    • RSS
    • twitter

    ページトッップ