APAMAN、シェアエコ事業 今期黒字化目指す

APAMAN(アパマン)

商品・サービス|2020年02月18日

  • twitter

 APAMAN(東京都千代田区)は、新事業「シェアリングエコノミー事業」の今期黒字化を目指している。賃貸管理やフランチャイズ運営に続く新たなストック収入減を確立するために、近年先行投資を続けてきた。少しずつ赤字幅を縮小している。

中核はコワーキング

 同事業の中でも主力となるコワーキング施設『fabbit(ファビット)』の利用会員数が伸び、7202人に増えた。19年10~12月期の同事業3000万円の営業損失だったが、前年同期の損失1億8800万円より6分の1の水準におさまった。

 ファビットは国内外の主要都市45カ所で運営しているAPAMAN独自のコワーキングブランドだ。固定席を持たないラウンジ空間で自由に働けるフリーアドレス制のオフィスで、月1万5000円程度から利用可能。

  • 検索
  • 賃貸住宅フェア2020

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. コロナ禍 賃貸市場も大打撃

    2. 「賃貸管理の法制化」6月成立見通し

    3. UBIQS、コロナ予防洗浄サービス提供

      UBIQS(ユービックス)

    4. ジェイ・エス・ビー、大型学生マンション竣工

      JSB(ジェイ・エス・ビー)

    5. エコホームズ、他社仲介向けにマニュアルを作成

      エコホームズ

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    ページトッップ