管理戸数ランキング調査、入居率「95%以上」が過半数

統計データ|2023年09月01日

  • twitter

 全国賃貸住宅新聞独自企画「管理戸数ランキング2023」の調査で、管理物件の入居率が95%以上と回答した企業が5割を超えることがわかった。管理物件における、グループを含めた自社仲介率(自社決め率)は、「1~25%未満」と「75~100%未満」が26%と同率で最多となり、リーシングの体制については幅があるといえそうだ。

自社決め率に幅

受託物件の稼働率9割未満、回答14%

 全国賃貸住宅新聞の調査で、管理物件の入居率を95%以上と回答した企業が過半数に上った。

 5月から6月にかけて、管理戸数ランキング2023のアンケート調査を行い、200戸以上の賃貸住宅の管理を行う全国の不動産会社1093社から回答を得た。

 「管理物件の入居率は何%か」との質問に対し、961社から回答があり、最多が「95~100%未満」で533社、100%の8社を合わせると、入居率95%以上の企業が56%を占めた。次いで多かったのは、「90~95%未満」で30%に上った。90%未満の回答は合わせて14%だった。(記事中すべて小数点第2位以下切り捨て)

自社のリーシング5万戸以上、低比率

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『2023年管理戸数ランキング1位~50位』

検索

アクセスランキング

  1. 最高裁判決、公社の家賃改定に一石

    最高裁判所,神奈川県住宅供給公社

  2. 大和ハウス賃貸リフォーム、買取再販本格化 年商400億円へ【新社長インタビュー】

    大和ハウス賃貸リフォーム

  3. JR西日本、団地の入居促進 交通利便性高める

    JR西日本

  4. 船井総合研究所、賃貸管理の勉強会を実施

    船井総合研究所

  5. LPガス法改正、方針示す

    経済産業省

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ