大和ハウス工業など大手で賃貸住宅建築が復調

大和ハウス工業, 大東建託, 積水ハウス, 旭化成ホームズ, スターツコーポレーション

その他|2021年12月06日

  • twitter

 賃貸大手の賃貸住宅建築が復調しつつある。上半期決算では5社全社の建築の売り上げが前年上期を上回った。賃貸管理事業においても入居率が上昇しており、新型コロナウイルス禍の影響が落ち着いてきたといえそうだ。

大手の上半期決算、大和は11.9%増

 大手5社における、上半期の賃貸住宅の建築は全社増収となった。

 大和ハウス工業(大阪市)の22年3月期上半期(4~9月)の賃貸住宅建築請負と分譲の売り上げは、前年同期比11.9%増の2121億円と伸長した。好調の理由について、芳井敬一社長は「管理物件の入居率の高さを武器に、相続対策などによる需要を取り込むことができた。それを実現できたのは、入居獲得の見込みが高いエリアに絞って物件開発を進め、スムーズに入居契約ができる環境を整備してきたからこそ」と話した。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『大東建託など大手ハウスメーカーがZEH賃貸の供給を強化』

検索

アクセスランキング

  1. LPガス、7月から法改正

    経済産業省

  2. マンスリー、法人需要で伸長

    リブ・マックス,長栄,matsuri technologies(マツリテクノロジーズ),Weekly&Monthly(ウイークリーアンドマンスリー)

  3. 空き家活用、空き家情報の発信に注力【クローズアップ】

    空き家活用

  4. GATES 関野雄志社長 ワンルーム売買で売上153億円

    【企業研究vol.252】GATES(ゲイツ)

  5. (一社)大阪府不動産コンサルティング協会、2億円相当の空き家流通促す

    一般社団法人大阪府不動産コンサルティング協会

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ