住友林業、米国で戸建て賃貸開発強化

住友林業, Crescent Communities(クレセント・コミュニティーズ ), Pretium Partners(プレティアム・パートナーズ)

企業|2021年12月07日

  • twitter

同社グループが開発した戸建て賃貸住宅

 住友林業(東京都千代田区)は米国の100%子会社であるCrescent Communities(クレセント・コミュニティーズ 以下、クレセント社:米ノースカロライナ州)が、3000戸規模の戸建て賃貸開発事業を開始すると11月9日に発表した。戸建て賃貸住宅のREIT(リート)などを運用するPretium Partners(プレティアム・パートナーズ 以下、米プレティアム社:ニューヨーク州)と提携し、プロジェクトを推進していく。

3年で3000戸を開発

 クレセント社とプレティアム社で戸建て賃貸住宅を開発するための合弁会社を設立。年内に354戸の戸建て住宅の開発に着手する。今後3年程度をかけて米国南東部を中心に50~200戸規模のコミュニティーを20~25件開発する計画だ。投資額は総額10億ドル(約1136億円)で、3000戸規模に上る。

 プロジェクトには米国の住友林業のグループ会社も参画し、土地の調達と建設を請け負う。

 住友林業では2018年ごろから米国での戸建て賃貸住宅の開発を本格化。これまでに12件、累計1178戸の開発実績を持つ。20年から機関投資家向けに売却する前提で戸建て賃貸住宅の開発に取り組むようになった。

 海外住宅・不動産事業本部の吉澤雄次郎北米事業推進部長は「今回グループ会社のノウハウを集結することで、戸建て賃貸住宅のコミュニティー開発という米国でも非常にユニークなポジショニングを得られたと考えている」と語る。

(2021年12月6日2面に掲載)

おすすめ記事▶『住友林業、シアトルで136億円の賃貸住宅開発』

検索

アクセスランキング

  1. 【資格紹介】賃貸業界で使える!不動産関連資格15選

    一般財団法人不動産適正取引推進機構,一般社団法人賃貸不動産経営管理士協議会,IREM JAPAN,国土交通省,NPO法人日本ファイナンシャル・プランナーズ協会、一般社団法人金融財政事情研究会,一般社団法人ホームステージング協会,東京商工会議所,一般社団法人相続診断協会,公益財団法人日本賃貸住宅管理協会,一般社団法人家族信託普及協会,NPO法人日本ホームインスペクターズ協会,一般財団法人職業技能振興会,公益財団法人不動産流通推進センター一般財団法人日本不動産コミュニティー,一般社団法人投資不動産流通協会

  2. 節税保険、包囲網狭まる

    金融庁,マニュライフ生命保険,渡邊浩滋総合事務所

  3. Mysurance、未加入や更新漏れを解消

    Mysurance(マイシュアランス),損害保険ジャパン

  4. GATES、メタバースで賃貸仲介店舗

    GATES(ゲイツ),ANAP(アナップ)

  5. 【賃貸管理会社の経営分析 ~受託営業編~】グループ会社とのトータル管理をアピール

    日本住宅流通,カンエイ,大和ハウス工業,神崎建設工業

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ