住友林業、米国で戸建て賃貸開発強化

住友林業, Crescent Communities(クレセント・コミュニティーズ ), Pretium Partners(プレティアム・パートナーズ)

企業|2021年12月07日

  • twitter

同社グループが開発した戸建て賃貸住宅

 住友林業(東京都千代田区)は米国の100%子会社であるCrescent Communities(クレセント・コミュニティーズ 以下、クレセント社:米ノースカロライナ州)が、3000戸規模の戸建て賃貸開発事業を開始すると11月9日に発表した。戸建て賃貸住宅のREIT(リート)などを運用するPretium Partners(プレティアム・パートナーズ 以下、米プレティアム社:ニューヨーク州)と提携し、プロジェクトを推進していく。

3年で3000戸を開発

 クレセント社とプレティアム社で戸建て賃貸住宅を開発するための合弁会社を設立。年内に354戸の戸建て住宅の開発に着手する。今後3年程度をかけて米国南東部を中心に50~200戸規模のコミュニティーを20~25件開発する計画だ。投資額は総額10億ドル(約1136億円)で、3000戸規模に上る。

 プロジェクトには米国の住友林業のグループ会社も参画し、土地の調達と建設を請け負う。

 住友林業では2018年ごろから米国での戸建て賃貸住宅の開発を本格化。これまでに12件、累計1178戸の開発実績を持つ。20年から機関投資家向けに売却する前提で戸建て賃貸住宅の開発に取り組むようになった。

 海外住宅・不動産事業本部の吉澤雄次郎北米事業推進部長は「今回グループ会社のノウハウを集結することで、戸建て賃貸住宅のコミュニティー開発という米国でも非常にユニークなポジショニングを得られたと考えている」と語る。

(2021年12月6日2面に掲載)

おすすめ記事▶『住友林業、シアトルで136億円の賃貸住宅開発』

検索
管理戸数/仲介件数/人気設備/建築 賃貸市場ランキング

アクセスランキング

  1. 2022年版賃貸仲介件数ランキング404社(1位~10位)

    2022年版賃貸仲介件数ランキング

  2. 2022年版で賃貸仲介件数を伸ばした企業のウェブ集客<4000件~1万件台企業5社>

    大東建託グループ, 大東建託リーシング, ハウスコム, タウンハウジング, 京都ライフ, 明和不動産, 福徳不動産

  3. 入居後の生活関連サービスの提供も視野【トップインタビュー】

    CHINTAI(チンタイ)

  4. 2022年版賃貸仲介件数ランキング地方版トップ10

    ウィルハウスグループ, 一誠商事

  5. コロナ禍の影響、給湯器の供給不足が深刻に

    高山不動産, キンライサー, 大問屋, 住研川越

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ