賃借人同士の騒音トラブルの対応

【連載】弁護士が解決!!身近な不動産トラブル 第112回

賃貸経営|2024年04月12日

  • twitter

 私が賃貸する建物において、騒音の苦情が来ています。苦情を申し出たAさんによると、隣室のBさんの騒音にずっと悩まされているとのことでした。Bさんに注意喚起をしたところ素直に受け入れてくれたのですが、実際にはBさんの通常の生活音に対してAさんが過剰に反応しているようです。AさんがBさんに向けて壁をたたくなどの仕返しをしており、むしろBさんのほうが困っているようです。Aさんを退去させることはできるでしょうか。

「騒音」理由の信頼関係の破壊 隣人の退去や迷惑行為で成立

 騒音を理由として賃借人を強制的に退去させるということであれば、善管注意義務違反などの債務不履行に基づいて賃貸借契約を解除することになりますが、生活の基盤とされることの多い賃貸借契約においては、軽微な債務不履行では契約を解除することはできません。賃貸人と賃借人間の信頼関係が破壊されたといえるだけの事情が必要となります。

 それでは、騒音問題においてはどのような場合に信頼関係の破壊が認められるのでしょうか。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『地震に伴う賃貸目的物の修繕義務の行方と賃貸オーナーの災害時の備え』

検索

アクセスランキング

  1. JCOM、月額制の防犯カメラで攻勢【注目企業に迫る】

    JCOM(ジェイコム)

  2. 繁忙期、成約件数は堅調

    山一地所,旭ハウジング

  3. 法人・一般好調も、学生は苦戦【2024年繁忙期総括】

    住まいの戸田,クラッシー・ホームズ,ホワイトホームズ,つばめ不動産,グッドフェイス,高山不動産,アルカディア管財,三好不動産,早川不動産,武蔵小杉駅前不動産

  4. アルデプロ、上場廃止

    アルデプロ

  5. 日本情報クリエイト、100億件のビッグデータ活用

    日本情報クリエイト

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ