日本情報クリエイト、100億件のビッグデータ活用

日本情報クリエイト

商品|2024年05月14日

  • twitter

日本情報クリエイト 宮崎県都城市 辻村 都雄 社長(55)

 賃貸管理システム「賃貸革命10」を中心に、業者間流通システムやホームページ制作ソフトを展開する日本情報クリエイト(宮崎県都城市)。2023年6月期の売上高は37億7000万円と前年比23.5%の増収となった。22年度より営業力の強化に向けた積極投資を実施し、営業人員および販売網を拡大。拠点数を30まで増やし、新規開拓と顧客サポートの体制構築をひと段落させた。24年6月期は売上高44億円(前期比16.7%増)、営業利益7億円(同112.3%増)を計画する。

 23年9月より代表取締役社長COOに就任した辻村都雄氏は、リクルート(東京都千代田区)が発行する結婚情報誌「ゼクシィ」で事業本部を統括していた経歴を持つ。24年8月に設立30周年を迎える日本情報クリエイトが今後、事業規模の拡大を加速するため、創業者である米津健一代表取締役会長CEOから経営のかじ取りを任された。「当社が30年にわたって蓄積してきた物件情報、家賃相場などの膨大なデータベースに、さまざまな活用可能性を感じている」(辻村社長)

 データ活用の模索を進める中で、製品として結実したものの一つが「空室対策ロボ」だ。保有する累計100億件の不動産ビッグデータとAI(人工知能)を掛け合わせ、賃貸住宅の稼働率を高めるために必要な施策をはじき出す。

 同じく、ビッグデータを活用し、任意の場所や物件における賃料・空室率を示す指標「CRIX(クリックス)」も公開する。成約賃料を基に、全国の主要な市区や間取り、床面積を指定して、賃料や空室率の推移を可視化。当該エリアにおける不動産開発や空室対策での利用を見込む。

不動産業務の全領域を網羅するプラットフォーム

不動産業務の全領域を網羅するプラットフォームを提供

 今秋ごろには、22年に経営統合したリアルネットプロ(東京都新宿区)の業者間流通システム「リアプロ」と、日本情報クリエイトの「不動産BB」のシステム統合を予定している。実現すれば業者間流通サイトとして業界最大級の物件量を扱うことになる。「両社のプロダクトを合わせることで価値を高め合い、かつ不動産業務をシームレスにつないでいく」「株価、物価、給料は上がったが賃料は上がっていない。物件の資産価値を上げるための提案が管理会社の本来の役割であり、それを省力化するのが当社の役目。業界のマーケットGDP(市場の規模や価値)を高めていきたい」(辻村社長)

(2024年5月13日12面に掲載)

おすすめ記事▶『日本情報クリエイト、AIが空室対策を提案』

検索

アクセスランキング

  1. LPガス、7月から法改正

    経済産業省

  2. マンスリー、法人需要で伸長

    リブ・マックス,長栄,matsuri technologies(マツリテクノロジーズ),Weekly&Monthly(ウイークリーアンドマンスリー)

  3. GATES 関野雄志社長 ワンルーム売買で売上153億円

    【企業研究vol.252】GATES(ゲイツ)

  4. 空き家活用、空き家情報の発信に注力【クローズアップ】

    空き家活用

  5. (一社)大阪府不動産コンサルティング協会、2億円相当の空き家流通促す

    一般社団法人大阪府不動産コンサルティング協会

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ