アーバネットコーポレーション、投資用ワンルームで初のZEH開発

アーバネットコーポレーション, オリックス銀行, メイクス

ニュース|2021年12月20日

  • twitter

左からオリックス銀行の錦織社長、アーバネットCの服部社長、メイクスの佐藤常務

 賃貸住宅のESG投資は進むか。アーバネットコーポレーション(以下、アーバネットC:東京都千代田区)は3日、投資用ワンルームマンションで業界初となるZEH仕様の物件開発を発表した。オリックス銀行(東京都港区)との協業により、同物件を取得する投資家に対して同行が優遇金利で融資を行う。デベロッパー、銀行が足並みを揃えることで、後れを取る賃貸住宅においても環境に配慮した物件が増えていくか。

オリックス銀、投資家への金利優遇で後押し

 デベロッパー、銀行、販売会社がタッグを組み、投資用マンションにおける環境配慮型物件の供給を推し進めていく。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『アーバネットコーポレーション、区分マンションの開発投資を加速』

検索

アクセスランキング

  1. 【電帳法改正1年】電子契約書類などの保管に要注意

    弁護士ドットコム

  2. 民泊復調、「売上21年比倍増」【クローズアップ】

    ファミリアリンク,Unito(ユニット)

  3. 家主が知っておきたい法制度解説~民法改正編~

    銀座第一法律事務所

  4. チームネット、保護猫を共用部で預かり

    チームネット

  5. 企業研究vol.182 日本保証 熱田 龍一 社長【トップインタビュー】

    日本保証,Jトラスト,日本ファンディング,エイチ・エス証券,Jトラストグローバル証券

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ