スクリーフ、空き家再生 地域に開いた場に

スクリーフ

インタビュー|2024年06月19日

  • twitter

スクリーフ 兵庫県神戸市 光山 和弥 社長(28)

 「空き家の面白さを多くの人に感じてもらいたい」。目を輝かせながら話すのが、オンライン空き家活用コミュニティー「空き家の会」を運用するスクリーフ(兵庫県神戸市)の光山和弥社長だ。空き家に興味を持つ人同士をオンラインでつなぎながら、自ら空き家の再生も進める。SNSを駆使しながら仲間を増やし、地域の活性化に挑む。

コミュニティー会員5万人超

FBで交流促す ストック利用支援

 スクリーフは、「フェイスブック」のコミュニティー「空き家の会」の運営と、空き家に関わりたい人のネットワークづくりを支援してきた。自社でもこれまでに2件の空き家の再生実績を持つ。

 空き家の会は2021年に設立。5月13日に会員数5万人を突破した。会員の年齢層は40〜60代が中心で、属性はさまざま。実際に空き家を再生中のオーナーだけでなく、建築士や設計士、DIYを行いたい人、「空き家再生に興味があるけれど一歩踏み出せない」という人も多いという。

 同コミュニティーでは、空き家活用に関わる投稿と情報交換を行い、オンラインセミナーは1カ月に1〜2回程度の頻度で開催。リアルセミナーや情報交換会は2カ月に1〜2回実施する。

空き家の会+の交流会の様子

空き家の会+の交流会の様子。多拠点居住サービスを手がけるアドレスと共同で山梨県で開催

 さらに23年2月からは「空き家の会+(プラス)」として有料コミュニティーも開始した。

 有料会員は100人で、定期的な情報交換・勉強会、法律相談会を実施。公にしたくはないものの、空き家を活用したいと考える所有者らとのマッチングも可能となっている。

築70年放置の元寮 DIYで達成感

 光山社長が空き家の会を設立しようと思い立ったのは、自身で空き家を活用した経験がきっかけだ。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『スクリーフ、空き家の活用で神戸大と提携』

検索

アクセスランキング

  1. 最高裁判決、公社の家賃改定に一石

    最高裁判所,神奈川県住宅供給公社

  2. 全国賃貸管理ビジネス協会、シンポジウムを開催

    全国賃貸管理ビジネス協会

  3. 大和ハウス賃貸リフォーム、買取再販本格化 年商400億円へ【新社長インタビュー】

    大和ハウス賃貸リフォーム

  4. Facilo、12億円調達 機能と支援拡充

    Facilo(ファシロ)

  5. 穴吹ハウジングサービス、建物メンテナンスの研修

    穴吹ハウジングサービス

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ