オンラインでの情報量が鍵

【連載】リクルートSUUMO不動産トレンド最前線

統計データ|2024年07月05日

  • twitter

ウェブ内見、2020年比10%増

 部屋探しにおける情報収集を、内見を含めオンライン上で済ませる賃貸ユーザーが増えている。この影響で物件見学数は2017年の平均2.81件から22年の平均2.61件に減少している。今後の集客ではオンラインでの情報をいかに充足させるかが鍵となる。

 どんな情報を充足するべきか。調査では、最も求められているのは「室内の写真が全部確認できる(68%)」こと。次に「内装、外観が動画で確認できる(65%)」「具体的な寸法がわかる(59%)」と続く。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『省エネラベル、制度理解重要』

検索

アクセスランキング

  1. 最高裁判決、公社の家賃改定に一石

    最高裁判所,神奈川県住宅供給公社

  2. 全国賃貸管理ビジネス協会、シンポジウムを開催

    全国賃貸管理ビジネス協会

  3. 大和ハウス賃貸リフォーム、買取再販本格化 年商400億円へ【新社長インタビュー】

    大和ハウス賃貸リフォーム

  4. Facilo、12億円調達 機能と支援拡充

    Facilo(ファシロ)

  5. 穴吹ハウジングサービス、建物メンテナンスの研修

    穴吹ハウジングサービス

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ