契約と解約の推移と解約理由、コロナ下で都心と郊外の需要が逆転

【連載】プロパティマネジメントで切り開く未来 第151回

企業|2021年10月15日

  • twitter

 今回は、新型コロナウイルス騒動が始まってちょうど1年半がたつので、当社アートアベニューの生のデータを見ながら、コロナの賃貸市況への影響を分析してみたいと思う。あくまで首都圏の話であり、地方の人には直接は関係ないかもしれないが、参考資料として捉えていただきたい。

テレワーク需要で都心近接エリアの稼働率上昇

 ちなみに当社はJR「新宿」駅から徒歩7分のところに本社があり、東京都全域とその近郊エリアを管理エリアとしている。管理戸数(住居)は7000戸、平均家賃は共益費込みで7万9000円、シングルタイプが73%、残り27%がファミリータイプである。東京都内が70%で、その他30%が神奈川県、千葉県、埼玉県に広がっている(東京都に近接する部分だけ)

 表1は、当社のこの2年と8カ月の新規賃貸借契約と解約(退去)の推移だ。「既存物件」だけに絞って数値を拾っている。新規受託案件が入ると契約数が増えたりして分析にそぐわないからだ。2020年の3月からコロナ騒動は始まった。直前の2020年2月は当社の稼働率は98.29%となり、史上最高だった。当時、東京都内の賃貸市場は大変景気が良かったと思う。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『中途採用面接のコツ、面接者を見極める三つのポイント』

検索
管理戸数/仲介件数/人気設備/建築 賃貸市場ランキング

アクセスランキング

  1. 2021年賃貸経営管理士受験、過去最多の3万人超

    一般社団法人賃貸不動産経営管理士協議会, Kenビジネススクール

  2. 東急、定額制住み替えサービス第2弾開始

    東急

  3. 野村不動産、シェアハウス参入

    野村不動産ホールディングス,野村不動産

  4. 賃貸住宅市場とは ~データで読み解く市場構造と課題~

  5. 大和ハウス工業など大手で賃貸住宅建築が復調

    大和ハウス工業, 大東建託, 積水ハウス, 旭化成ホームズ, スターツコーポレーション

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ