公益社団法人首都圏不動産公正取引協議会、表示違反物件数が倍増

公益社団法人首都圏不動産公正取引協議会

統計データ|2022年02月07日

  • twitter

公益社団法人首都圏不動産公正取引協議会の公開情報を基に作成

 公益社団法人首都圏不動産公正取引協議会(東京都千代田区)は、賃貸住宅に関するインターネット広告における「おとり広告」についての調査結果を2021年11~12月にかけて実施。1月26日に結果を公表した。

ネットの賃貸物件おとり広告調査

 「おとり広告」と認められた広告は、13事業者の47物件。21年5~6月にかけて行われた前回調査と比べて、違反事業者数は2社の増加だったが、違反物件数は22物件増と2倍近く増加した。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『CHINTAI、不動産会社で選ぶ部屋探しサイトをオープン』

検索

アクセスランキング

  1. 収益物件をバリューアップし再販、売上358億円

    エー・ディー・ワークス

  2. 収益不動産販売、7社増収

    GA technologies(ジーエーテクノロジーズ),FJネクストホールディングス,ランドネット,ミガロホールディングス,ADワークスグループ,グローバル・リンク・マネジメント,フェイスネットワーク,コーセーアールイー

  3. 武蔵小杉駅前不動産、年間賃貸仲介1550件に伸長【注目企業インタビュー】

    武蔵小杉駅前不動産

  4. 昭和町、長屋を武器にした店舗の誘致【空き家をめぐって】

    丸順不動産

  5. ハッチ・ワーク、駐車場管理をDX 売上20億円【上場インタビュー】

    ハッチ・ワーク

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ