双葉町、30日に避難指示解除

福島県双葉町

ニュース|2022年07月29日

  • twitter

 福島県双葉町は7月14日、避難指示解除の方針を発表した。8月30日午前0時に双葉町を含む特定復興再生拠点区域の避難指示が解除される。解除後は、同エリアでの居住が可能になる。

町役場関係者向け賃貸提供

 2011年3月11日に発生した東日本大震災における原子力発電所の事故の影響で、双葉町には避難指示が発令され帰還困難区域となっていた。

 今回避難指示解除の対象となる特定復興再生拠点区域は、双葉町を含む福島県内の六町村。同区域は立ち入り規制緩和区域とも呼ばれ、除染活動が進み、放射線の線量が低いエリア。これまで人の立ち入りは自由だったが、居住はできなかった。

 避難指示解除に向け、準備は段階的に進められてきた。双葉町においては、22年1月に始まった準備宿泊制度により、所有する住宅の清掃などを目的とした立ち入りが行われていた。この際、指定のホテルに宿泊し一定期間の滞在が可能だった。

 双葉町に賃貸住宅を所有する大沼勇治オーナーは「30年以上は帰れないと思っていた。震災から11年5カ月での避難指示解除は想像以上に早く感じる。併せてアパートの稼働再開にも動き出しているが、入居者の見込みはやってみないと分からない状況。目に見えない放射能への不安が気がかり」と話す。

 同町は、9月5日より双葉町役場の新庁舎での業務開始を予定。帰還意向のある住民をフォローしていきたいという。

 稼働を予定する大沼オーナー所有のアパートは、2棟6戸。8月30日の再開を目指し、修繕の手配などを進めている状況だ。入居者ターゲットには、町役場関係者や復興関係者、また時地元住民で持ち家を解体してしまった人や、双葉町で新たに事業や商売を開始したい人を想定している。

(2022年8月1日・8日2面に掲載)

おすすめ記事▶『【3.11】福島双葉町避難解除後の賃貸準備』

検索

アクセスランキング

  1. 【資格紹介】賃貸業界で使える!不動産関連資格15選

    一般財団法人不動産適正取引推進機構,一般社団法人賃貸不動産経営管理士協議会,IREM JAPAN,国土交通省,NPO法人日本ファイナンシャル・プランナーズ協会、一般社団法人金融財政事情研究会,一般社団法人ホームステージング協会,東京商工会議所,一般社団法人相続診断協会,公益財団法人日本賃貸住宅管理協会,一般社団法人家族信託普及協会,NPO法人日本ホームインスペクターズ協会,一般財団法人職業技能振興会,公益財団法人不動産流通推進センター一般財団法人日本不動産コミュニティー,一般社団法人投資不動産流通協会

  2. 節税保険、包囲網狭まる

    金融庁,マニュライフ生命保険,渡邊浩滋総合事務所

  3. Mysurance、未加入や更新漏れを解消

    Mysurance(マイシュアランス),損害保険ジャパン

  4. GATES、メタバースで賃貸仲介店舗

    GATES(ゲイツ),ANAP(アナップ)

  5. 【賃貸管理会社の経営分析 ~受託営業編~】グループ会社とのトータル管理をアピール

    日本住宅流通,カンエイ,大和ハウス工業,神崎建設工業

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ