セットバックで7割相当控除

【連載】事例に見る相続税還付

法律・制度|2022年08月24日

  • twitter

 今回はセットバックという、敷地が接している道路が建築基準法第42条第2項道路等の4m未満の道路である場合、敷地の一部を道路として提供することで、道路幅を確保する必要がある宅地について紹介します。

 現行の建築基準法の規定では、都市計画区域において敷地が4m以上の道路に接していないと、原則として建物を建てることはできません。つまり、再建築をする場合は通常、道路中心線から2m後退しなければなりません。この後退部分には建築ができず、利用に制限がかかるため、相続税評価においては、通常どおりに評価した価額から70%相当額を控除して評価します。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『雑種地は賃借権扱いで評価減』

検索

アクセスランキング

  1. 【電帳法改正1年】電子契約書類などの保管に要注意

    弁護士ドットコム

  2. 民泊復調、「売上21年比倍増」【クローズアップ】

    ファミリアリンク,Unito(ユニット)

  3. 家主が知っておきたい法制度解説~民法改正編~

    銀座第一法律事務所

  4. チームネット、保護猫を共用部で預かり

    チームネット

  5. 企業研究vol.182 日本保証 熱田 龍一 社長【トップインタビュー】

    日本保証,Jトラスト,日本ファンディング,エイチ・エス証券,Jトラストグローバル証券

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ