コロナ禍の影響は?エリアルポ~横浜編~

ポートホームズ, オセアンハマ住, 相鉄不動産販売, 京急不動産, 神奈川県住宅供給公社

管理・仲介業|2021年11月02日

  • twitter

 神奈川県最大規模の都市として、多くの企業がオフィスを置く横浜市の賃貸マーケットは新型コロナウイルス禍で、どのような影響が出たのか。不動産会社からは学生と法人の賃貸需要は減少したものの、都内からの郊外転居の需要が拡大したとの声が上がる。管理・仲介会社5社に話を聞いた。

東京からの転入者8%増も賃貸需要は横ばい

進む大規模開発1万人超の人口増加

 コロナ下においても、横浜市では2020年も比較的高水準の転入が続いている。転入者数から転出者数を差し引いた人口の純増数は1万3481人で19年から17%減少したものの、3年連続で1万人を上回った。横浜市に転入した14万2051人のうち、東京都と神奈川県からの転入者がそれぞれ4分の1を占める。特に東京からの転入者は3万3897人で、19年から7.5%と大幅に増加した。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『コロナ禍の影響は?エリアルポ~滋賀編~』

検索

アクセスランキング

  1. 異次元の金融緩和が終了

    日本銀行

  2. 明和地所、創業45年 浦安市で3000戸管理【新社長インタビュー】

    明和地所

  3. タスキ/新日本建物、持ち株会社を設立【トップインタビュー】

    タスキホールディングス,タスキ,新日本建物

  4. 住友林業レジデンシャル 吉田浩社長 住林G、管理4万3744戸に伸長

    【企業研究vol.243】住友林業レジデンシャル

  5. ESTATE SYSTEM、IoTの導入推進でほぼ満室

    ESTATE SYSTEM(エステートシステム)

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ