スマホのGPS使った勤怠管理システム開発

レッドフォックス

企業|2013年06月07日

  • twitter

スマートフォンのGPS機能を使った勤怠管理システム「GPS Punch!」をレッドフォックス(東京都新宿区)が開発した。社員の現在地や行動経路をリアルタイムで確認できるのが特徴。他の社員の動きを確認することもできる。

不動産業界では、シノケングループ(福岡県福岡市)が収益不動産販売部隊の管理ツールとして導入している。全国を飛び回る社員の現在地を把握することが容易になり、顧客反響に対するレスポンスを効率的に行えるようになったという。また、各社員の一日の足取りを履歴に残せるため、業務効率の改善指導にも役立っているようだ。

システムを開発したプロダクトサービス部の林隆智部長は「基本機能から低価格でカスタマイズできることが最大のメリット」と話す。例えば、訪問先ごとにチェックイン登録してメモを残せば、日報として使用できる。カメラ機能と組み合わせて、巡回報告ツールとして使用する事例もあるという。

異業種では、在宅診療を行う事業者が報告書作成のための管理ツールとして導入を準備している。もともと、自社の勤怠管理システムとして開発されたシステムを、クライアントからの要望で外販を始めたもの。

「不動産管理業だけでも、管理・営繕の巡回報告や、営業訪問履歴など使い方は幅広い。クライアントごとに使いやすいものにしていければ」(林部長)。初期登録料が6万円。月額料金は使用機能により異なり、1アカウントごと月額無料〜1200円とのことだ。

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 【その1】賃貸仲介業の実態を探る

    愛媛建物, アップルハウジング, タクシン不動産

  2. オクスト、施工後1カ月で満室

    オクスト

  3. LIFULL、住みたい街「生活便利な郊外」躍進

    LIFULL(ライフル)

  4. 2020 人気設備ランキング発表

  5. 入居者が喜ぶIoT設備 8選(トレンド企画・後半)

    ライフリライアンス, 日栄インテック, Robot home(ロボットホーム), Wiz(ワイズ)

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ