オープンエンド型LPSファンドの登場と私募REITの終焉(前編)

【連載】不動産クラウドファンディング 事業化のポイント 第24回

投資|2021年08月22日

  • twitter

図表1:オープンエンド型LPSファンドの事例

 2010年以降、機関投資家向けのオープンエンド型ファンド(運用期間の定めがなく、運用期間中に解約・換金・追加投資が可能なファンド)として、投資法人という器(ビークル)を用いて組成された「私募REIT(リート)」が注目されてきました。しかし近年、投資法人に代わり投資事業有限責任組合(LPS:エルピーエス)を用いて組成された「オープンエンド型LPSファンド」が登場し、図表1に示すとおり、運用資産規模が急成長しています。

現物と不動産信託両方の投資が容易に

 いずれも私募ファンドであるため詳細な情報は公開されていないものの、金融庁への届け出情報によると、これらのファンドの投資対象資産は、不動産信託受益権ないし当該受益権を所有する会社が発行する匿名組合出資などであるとされています。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 2021年管理戸数ランキング①1~50位

    2021年管理戸数ランキング

  2. ケネディクス、日本初の不動産STO公募

    ケネディクス, 三菱UFJ信託銀行, SBI証券, 野村証券, TMI(ティーエムアイ)総合法律事務所

  3. ビレッジハウス・マネジメント、新規の直接契約9割がオンライン

    ビレッジハウス・マネジメント

  4. 住宅市場での賃貸需要の高まりと所得格差の2極化

    【連載】アメリカ不動産事情 第86回 2022年に向けての不動産市場

  5. オータス、不動産クラウドファンディングのプラットホーム提供開始

    オータス

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ