PLAN-B、犬の飼い主アンケート調査実施

PLAN-B(プランビー)

データ|2021年06月11日

  • twitter

 ウェブマーケティング事業を手掛けるPLAN-B(プランビー:東京都港区)は、運営するサイト『INUNAVI(イヌナビ)』で『犬を取り巻く環境や問題について』アンケート調査を行い、5月12日に公表。犬の飼育可能な物件が限られるとの声が上がった。『INUNAVI』は、犬に関するさまざまな情報やコラムなどを発信するサイトだ。

「住める物件が限られる」が2位

 同調査の「犬を飼っている・飼っていたときの住居」では、「持ち家」が圧倒的に多く79.3%、次いで「賃貸マンション」が7.7%。「ペット専用マンション」は1%にとどまった。

 「犬を飼っている・飼っていた住居で困ったことはある? 物件編」では、2位が「住める物件が限られる」、3位は「小型犬などの大きさの制限がある」と実情が分かる内容となった。

 犬を飼っている・飼っていた住居でのトラブルについての自由回答では、「ペット可なのに犬嫌いの住民にエレベーターで嫌みを言われた」「マンション共用部を歩かせることを禁止されていた」など回答があった。 同調査は10~60代で犬の現・元飼い主の1000人を対象に、4月9~12日にインターネットで実施した。

(6月7日21面に掲載)

おすすめ記事▶『オンコ、犬と住むシェアハウス、4棟目』

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 2021年管理戸数ランキング発表、賃貸住宅管理業適正化法の施行は有償管理拡大の好機

    2021年管理戸数ランキング

  2. リクルート、単身者がほしい設備ランキング

    リクルート

  3. 50位日本住宅流通、管理戸数増加の理由とは?

    2021年管理戸数ランキング

  4. 賃貸住宅管理業適正化法施行で高まる建物管理の重要性

    公益財団法人日本賃貸住宅管理協会

  5. 8位東急住宅リース、管理戸数増加の理由とは?

    2021年管理戸数ランキング

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ