韓国通信最大手グループ企業と合弁会社を設立

大和リビング

企業|2012年12月09日

  • twitter

海外進出を積極的に行う大和ハウスグループの大和リビング(東京都江東区)は韓国最大手の通信事業者ktのグループ会社であるktエステートと合弁会社「KD Living」を11月22日に設立した。同社は韓国内で今後成長が見込まれる賃貸住宅の管理について、ktエステートと共同事業を展開する。

今回、同社初となる海外進出の場を韓国にした理由は、韓国には賃貸管理専門業者がないからだ。韓国の賃貸住宅は、日本が土地活用で賃貸住宅を建てるケースが主流であるのに対し、分譲賃貸が主流。そのため、家賃集金や入居者対応などを行う専門業者はないようだ。その中で、大和リビングは、元国営企業であるktのグループ会社が保有する不動産に対して、これまで蓄積してきた賃貸住宅の企画・設計のコンサルティングを行い、建てた賃貸住宅の管理を受託していくつもりだという。

商慣習も、日本とは異なる。「チョンセ」と呼ばれる制度があり、多額の保証金を入居者はオーナーに預ける。契約期間内は賃料を一切払わず、退去時に全額返還されるという。オーナーは入居時に預かった資金で運用できる。一方、入居者は賃貸住宅に住むことで、多額の一時金は必要なもののマイホーム購入のための節約ができるとあって、両者にメリットがあった。ところが、近年韓国では、単身世帯の増加で、入居者が多額の一時金を用意することが難しいケースが増え、「ウォルセ」と呼ばれる分割で支払う方法が出てきている。
「商慣習が変化しているうえに、不動産価格の上昇が鈍化しているので、賃貸市場が変わると見ています」(海外事業準備室石野茂光室長)

今後は大和リビングが日本で培ったノウハウとktエステートが保有する韓国内の不動産資産および情報網を活用し、事業拡大を図っていく。

  • 検索
  • 会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 2020管理戸数ランキング 1083社

    2. トップインタビュー 日本管理センター 武藤英明社長

      日本管理センター

    3. Casa、テナント用家賃保証の新商品

      Casa(カーサ)

    4. AR、VRでセンチュリー21と提携

      AR(エーアール)

    5. 三井ホーム、「家中のワークスペースに不満」

      三井ホーム

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    • RSS
    • twitter

    ページトッップ