空室を順次分譲マンションとして売却

総合地所

商品・サービス|2012年12月30日

  • twitter

老朽賃貸物件の新たな活用法が登場した。総合地所(東京都港区)は、築26年全22戸の賃貸マンションを購入し、入居中の物件はそのまま賃貸しながら、空いている部屋については、実需向けの分譲マンションとして売却するというユニークな取り組みをスタートした。

建物が立つのは、東京都世田谷区等々力。真向かいには等々力小学校が立つ好立地で、新築間もないから入居し続けているファミリーもいるほどの人気物件。名称は「リヴィラ等々力」。同社は今年3月、この物件を所有する個人から土地・建物を購入。その後、建物診断を行った上で一棟丸ごとリノベーションを施し、木目調ルーバーフェンスやグリーンウオールなどを新設した。

空室中の4部屋(当時)から順次売却している。デザイン会社のリビタと提携し、一室ごとのカスタマイズリフォームも提案。購入者の好みに合わせたリフォームを行っており、これが好評。9月1日の販売開始からすでに6戸が売却済みだ。

売主は総合地所と京阪電鉄不動産の2社。総合地所は、「賃貸中の物件を売却するというのは、分譲マンション事業と賃貸管理、双方の事業を行ってきた当社のノウハウを生かした第三の事業として位置づけています。購入後、活用法についてはさまざま検討しましたが、立地や建物の概要を考えたとき、分譲マンションとしての売却がもっとも効果的と判断しました」とコメントした。

以前の所有者は高齢を理由に建物の売却を検討していたとのことで、今回の実例をもとに、賃貸オーナーに対する新しい出口戦略として提案を強化していく考えだ。

  • 検索
  • 会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 2020管理戸数ランキング 1083社

    2. トップインタビュー 日本管理センター 武藤英明社長

      日本管理センター

    3. Casa、テナント用家賃保証の新商品

      Casa(カーサ)

    4. AR、VRでセンチュリー21と提携

      AR(エーアール)

    5. 三井ホーム、「家中のワークスペースに不満」

      三井ホーム

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    • RSS
    • twitter

    ページトッップ