新築賃貸マンションが完成

JR九州

企業|2013年03月15日

  • twitter

JR九州(福岡県福岡市)が事業主となる新築賃貸マンションが完成した。2月1日に入居を開始し、全104戸の規模ながら未成約は10戸のみ。3月中の満室稼働を目指す。

物件が立つのはJR千早駅目の前。もともと同社の社有地で、分譲マンションのモデルルームや駐車場として活用していたが、社内での検討を経て賃貸物件となった。同社が事業主となる賃貸マンションとしては21棟目。グループ会社のJR九州ビルマネジメント(福岡市)がPMを行う。

JR九州は賃貸マンションの供給を加速させており、2015年までに3棟の賃貸マンション建設が決定している。福岡市の吉塚駅、新宮中央駅、大分駅に隣接する土地でそれぞれ177戸、102戸、130戸といずれも大型。新宮中央の物件は、福岡で話題となっている大型家具店IKEAストアの前。土地から購入し建設を決めた。JR九州のマンション事業部開発営業課児嶋真悟氏によると、向こう3年程度は社有地を中心に建設。4年目以降は土地情報を集めながら、購入も視野に開発を進めていく。

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 【トップインタビュー】ギガプライズ、ネット提供数、年10万戸超増加

    ギガプライズ

  2. 【実態調査】賃貸管理が売上高に占める割合って?一人当たり管理戸数の普通は?

    住みかえ情報館, 三幸, 湘南宅建

  3. 近鉄不動産、ワーケーションを試験提供

    近鉄不動産

  4. 2020 人気設備ランキング発表

  5. グローバル・リンク・ マネジメント、1棟販売計画が順調に進捗

    グローバル・リンク・マネジメント

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ