スマートマンション評価制度開始

経済産業省

商品・サービス|2013年09月02日

  • twitter

経済産業省は、無理のない節電や居住者の利便性を高めるサービス提供が可能なスマートマンションのさらなる普及・促進を目指し「スマートマンション評価制度」を開始する。
 
対象となるのは、「スマートマンション導入加速化推進事業」で認定を受けた物件。賃貸・分譲・既築・新築、すべてのマンションが対象となる。
 
そもそもスマートマンションとは、マンション全体でエネルギーの管理や節電を行ったり、また、電力需要のピークを低く抑えたり、またピークの時間帯を電力需要が少ない夜間等にシフトさせ平準化させるなど、エネルギーを効率的に使用しているマンションをのこと。
 
MEMS(マンションエネルギーマネジメントシステム)を導入し、MEMSアグリゲータと呼ばれる事業者が、エネルギーの管理サービスを行っている。
 
経済産業省は、設備やサービスを5項目に分け各項目ごとに評価する。ロゴマークを発行してブランド化を図ることで、消費者の認知と理解を高め、住まい選びの選択肢のひとつとする。
 
ロゴマークは、住宅情報誌等での利用を促す。

  • 検索
  • 会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 2020管理戸数ランキング 1083社

    2. トップインタビュー 日本管理センター 武藤英明社長

      日本管理センター

    3. Casa、テナント用家賃保証の新商品

      Casa(カーサ)

    4. AR、VRでセンチュリー21と提携

      AR(エーアール)

    5. 三井ホーム、「家中のワークスペースに不満」

      三井ホーム

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    • RSS
    • twitter

    ページトッップ